>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

2011年10月16日

プラセンタの副作用とは

薬には副作用が必ずあると言われます。

が、サプリメントに副作用?はあまり考えにくい。

容量など一度に食するものがあまりにも多い場合はあり得るかも。

では、プラセンタの副作用について説明します。

プラセンタには様々な効果や効能がある為に、
一度試してみたいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、副作用の事ですよね。

どんなに効果的が期待出来ても、
副作用があっては使用するのをためらってしまうのが当たり前です。

それでは、プラセンタにはどんな副作用があるのでしょうか。

まず、安心して頂きたいのが、
ドリンクタイプやサプリメントタイプの服用するようなプラセンタには、
現在のところ、重大と言えるような副作用の報告はされていません。

稀に、柔便、腹痛、かゆみ、胃のもたれ、血圧の上昇、むくみ等の症状が
現れる方もいらっしゃるようですが、
決められた用量や用法を守って服用される分には、全く問題ないと言っても良いでしょう。

もし、それでも副作用が心配な場合には、少量ずつから開始してみましょう。

そして、体調に変化が無いようであれば、
徐々に決められた量に移行して行くと良いのではないでしょうか。

また、最近では、「プラセンタ注射」も注目されているようですが、
こちらにはちょっと注意が必要です。

と言うのも、プラセンタ注射によって痛みや痒みを訴える人がいる事が
報告されているからです。

ただ、こちらもプラセンタによる副作用ではなく
注射の刺激による痛みや痒みなのでは?と推測されますので、
あまり過剰に心配する必要はないと思われます。

どちらにしても、もし副作用だと思われる症状が出た場合には、
直ちに使用を中止して医師の判断を仰ぐ事が大切です。
posted by mplacenta at 06:04| プラセンタの副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。